3密を避けて新しい生活様式へ!

盛岡で漫画・アニメを使った地域振興セミナー 「聖地巡礼」に焦点当て

昨年行われたセミナーの様子

昨年行われたセミナーの様子

  • 68

  •  

 岩手県が2月2日、「エスポワールいわて」(盛岡市中央通1)特別ホールで「マンガ・アニメを活用した地域振興セミナー」を開催する。

 同セミナーは、漫画やアニメを生かした地域振興をテーマに他地域での事例などを学び、交流人口の拡大や市町村の活性化することを目的に行うもの。県が2009年度から展開している「いわてマンガプロジェクト」の一環で、昨年に引き続き2回目となる。

[広告]

 セミナーでは漫画やアニメの舞台になった場所や関連がある場所などを訪れる「聖地巡礼」に着目。全国で行われている成功事例を現地の担当者を招いて紹介する。今回は埼玉県秩父市が舞台となった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と「心が叫びたがってるんだ。」の2作品を活用した事例の紹介と、東京都文京区で行われた「文豪ストレイドックス」とのコラボレーション事例の視察報告のほか、「ファンからの視座」として、漫画「ハイキュー!!」の「聖地」とされている軽米町の事例をファンの目線で取り上げる。アドバイザーとして法政大学大学院政策創造研究科教授の増淵敏之を招き、専門家の立場からのアドバイスも行う。

 主な対象は県内の市町村職員や商工観光団体、商店街関係者だが、誰でも参加可能。県文化振興課の担当者は「聖地巡礼で訪れた作品のファンが、その地域のファンになるケースが非常に多い。セミナーをきっかけに訪れるファンが何を求めているか知り、地元住民だけでは気付けない魅力の発見につながれば」と話し、「新たな連携が生まれる場にもなれば。成功事例を参考に、各地域に興味を持ってもらうためのヒントを探しに参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は14時~17時。参加無料。申し込みはファクスまたはメールで受け付ける。申込用紙はホームページからダウンロードできる。締め切りは1月29日。

  • はてなブックマークに追加