盛岡近郊の温泉入浴回数券が人気-4,000セットを限定販売

盛岡近郊の30カ所の温泉が入浴できる「おへれんせ入浴券2008」。4枚のチケトをシートから切り取って利用する

盛岡近郊の30カ所の温泉が入浴できる「おへれんせ入浴券2008」。4枚のチケトをシートから切り取って利用する

  •  
  •  

 盛岡観光コンベンション協会(盛岡市中ノ橋通1、TEL 019-604-3305)が販売する温泉入浴回数券「おへれんせ入浴券2008」の販売が好調だ。

 同券は鶯宿温泉や網張温泉、八幡平温泉など、盛岡市近郊の温泉施設30カ所から自由に4カ所を選んで利用できるもの。公共の日帰り温泉施設から温泉旅館・ホテルに加え、松川温泉や国見温泉など、全国的にも「秘湯」として知られる温泉が利用できる上に、通常なら500円~1,000円する温泉入浴料が、1回あたり450円で入浴できる(一部の施設を除く)ことから、主に盛岡の温泉ファンを中心に売れているという。

[広告]

 同協会によると、以前に冬期限定で販売した温泉入浴回数券を利用した客から「春から夏にも使えるものがほしい」とのリクエストが多数寄せられたことから、2006年より同券の販売を始めたという。

 同協会に併設する「盛岡観光文化情報プラザ」では、4月1日の発売からすでに600セット以上を販売。担当者は「(同券の販売は)今年で3回目になることから、次第に認知が進んだことからリピーターも増えているようだ」と話している。「最近は周辺の自治体でも温泉回数券を販売しているが、同券は盛岡市民に馴染みの深い繋温泉を利用できるのが(売れ行き好調の)要因ではないか」とも。

 価格は4枚つづりで1,800円。販売数は限定4,000セット。プラザおでって2階にある同プラザのほか、道の駅にしね、道の駅雫石あねっこ、盛岡市役所互助会地下売店、都南庁舎売店、鶯宿観光協会などで販売する。利用期間は9月30日まで。

 「おへれんせ」は盛岡弁で「お入りなさい」の意。

雫石観光協会、秘湯を巡るスタンプラリー実施、利用客増加狙う(盛岡経済新聞)雫石町のハーブティー専門店、会話を通した「個別ブレンド」で人気に(盛岡経済新聞)ぐいのみで温泉を-山口・湯田温泉、知名度向上目指し「飲泉場」新設(山口経済新聞)本・浅間温泉に「つけもの喫茶」-温泉街に元気を-と女将が考案老舗「麻布十番温泉」が3月末で閉店-設備の老朽化など背景に(六本木経済新聞)

  • はてなブックマークに追加