盛岡初の「ドクターズレストラン」が1周年-医師の「お墨付き料理」が手軽に

「Green*Green」の「ドクターズランチ」。ローカロリーな上に旬の食材を生かす

「Green*Green」の「ドクターズランチ」。ローカロリーな上に旬の食材を生かす

  • 0

  •  

 盛岡の医師が運営に参加する「ドクターズレストラン Green*Green」(盛岡市松園2、TEL 019-665-2345)が、4月で1周年を迎えた。メタボリックシンドロームや生活習慣病、体のアンチエイジングなど、高まる健康ブームを背景にヘルシー志向の中高年層を中心に注目を集めている。同じ建物にはフィットネスクラブとクエン酸ミストの岩盤浴も併設する。

 「ドクターズレストラン」は、医師がメニューの考案に参加した料理を提供する飲食店の新業態。老化防止や生活習慣病予防などを掲げた料理を提供することから、ここ数年首都圏を中心に出店が続いている。

[広告]

 同店は盛岡で初の「ドクターズレストラン」として、昨年オープン。「食から健康」をコンセプトに、栄養バランスに配慮しながら、塩分・油分も必要最小限にとどめ、カロリーも一食500~600キロカロリーに抑えるなど、生活習慣病患者が安心して食べられる料理を提供する。市販のだしや出来合いの食材は一切使用せずに、岩手県産の食材を中心に旬のものを使用する。

 麺類を含め週替わりで4種類をそろえるフードメニューは、それぞれカロリーや栄養素、既往症や料理に関する一口メモなどが記載され、料理ごとに確認しながら食べられるのが特徴。管理栄養士とサプリメントアドバイザーの資格を持つ同店店長の臼井名津子さんによる栄養指導や食生活や体調などを考慮したサプリメントのアドバイスも行う。

 臼井さんは「健康維持に何が必要かと考えた時、『栄養・運動・休養』にたどり着いた。併設するフィットネスクラブで個人個人に適した運動メニューをこなしてもらったり、岩盤浴で体を温め休養してもらいながら、心身共に健康になってほしい」と話す。「高齢化が進むこの松園地域で、さまざまな世代の人が集まる交流の場になっていけば」とも。

 この日のメニューは、「あさりと野菜の白ワイン蒸し煮」をメーンに発芽米のごはん・小鉢・スープ・デザートが付く「ドクターズランチ」(1,050円)。そのほかに、「鶏むね肉のココナッツミルク風味」がメーンの「シェフランチ」(945円)、「Green*Green風・春の香りピビンパ」(787円)、「サラダうどん」(787円)が加わる。10個以上の予約でテークアウトの注文・配達にも対応する。

 ドリンクメニューは、有機コーヒー(367円)、紅茶(ティーポット・472円)、柚子茶(367円)など。岩手県産南部小麦を使用した「ベーグル」(147円)をはじめ、「天然酵母のフランスパン」(262円)、「レーズンチーズ」(136円)などのパン類は全て自家製でテークアウトも可能。

 営業時間は11時30分~18時(ランチタイム=11時30分~14時30分、18時以降は4人以上要予約)。日曜定休。

ドクターズレストラン Green*Green岩手県産食材を使った健康レシピ集-首都圏プロ向けに県が作成(盛岡経済新聞)盛岡の産地直売所で「リビングフード講座」-野菜ソムリエがレクチャー(盛岡経済新聞)りんご園の高台に建つ「借景カフェ」-マイ箸でエコポイントカードも(盛岡経済新聞)化学調味料を使わない中華「青漣」-ニッセイアロマスクエアに出店(羽田経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース