買う

盛岡駅ビルに期間限定古着店「yuKAnchi」 気軽な居場所を目指して

「皆さんが遊びに来るのを待ってます」と笑顔の佐藤さん

「皆さんが遊びに来るのを待ってます」と笑顔の佐藤さん

  •  
  •  

 古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」を運営するドンドンアップ(盛岡市菜園1)が8月21日、盛岡駅ビルフェザン本館1階フェザンテラス(盛岡市盛岡駅前通)に期間限定ショップ「yuKAnchi(ゆかんち)」をオープンした。

入り口には店員手作りの看板が掲げられている

 同店は、「地域一体」をコンセプトに、リサイクル古着を中心にシューズ、バッグなどの服飾雑貨を販売するほか、今後は委託販売も予定している。

[広告]

 約113坪の店内はシックで落ち着いた装飾と広い通路が特徴。内装はほとんど店員の手によるもの。ドンドンダウンとの違いを出すために、ポスターや店内ポップはモノトーンに仕上げる。「昔、ドンドンダウンへ来ていた人が大人になって、今度は家族で来られるような、老若男女問わず誰もが入りやすくゆったりと過ごしてもらえるような空間」を意識したという。

 学生専用の勉強スペースも用意。同店店長で「家主」の佐藤友佳(ゆか)さんは「若い人にとって学校と家以外の居場所がなくなっていると思う。服を買いにくるのではなく、たあいのないおしゃべりをするついでや宿題をするついでに服を見てもらえれば。家や学校以外のもう一つの居場所として利用してもらいたい」と話す。

 扱う商品はジャンルや流行にとらわれず、さまざまなファッションアイテムを取りそろえる。商品の値段も一部のブランド品やインテリア商品など値札が付いているもの以外は1点500円、2点800円となっている。買い取りは行わない。

 店名は、子どもたちが誰かの家に遊びに行く際に使う「○○ん家に遊びに行ってくる」という言い回しに由来するという。佐藤さんは「半年という短い期間だが、隣接するお店の人や通勤などで店の前を通りすがる人とも『ご近所付き合い』をしていきたい。本当に友達の家に行く感覚で気軽に遊びに来てほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~20時30分。2016年1月31日まで。

  • はてなブックマークに追加