食べる

盛岡初のクラフトビール専門店-全国各地の味を盛岡で

カウンター、テーブル合わせて26席を用意、チャージ料はとらない

カウンター、テーブル合わせて26席を用意、チャージ料はとらない

  •  
  •  

 盛岡市開運橋通に盛岡初となるクラフトビール専門店「CRAFTBEER HOPPERS(クラフトビアホッパーズ)」(盛岡市開運橋通、TEL 019-613-8871)が11月17日、オープンした。

 同店代表の及川貴史さんは大船渡市出身で、脱サラ後は弘前市内で飲食店を経営。当時から「クラフトビール専門店」の構想を持っており都内で2カ月間、全国各地のクラフトビールを飲み歩く「勉強」をしたほど。岩手県内各地にあるブルワリーのレベルを及川さんが高く評価していることや地元ということもあり、盛岡市内への出店を決めた。

[広告]

 特注のサーバーと専用冷蔵庫で、ビールの種類に合わせた温度管理やガス圧の調整をきめ細かく行っている。たるは、岩手県内をはじめ長野、山梨、神奈川などのクラフトビールを常時10種類用意。種類は固定せずに、仕入れたビールを「本日のビール」としてメニュー看板に表記する。サイズはS(650円)、M(800円)、L(900円)、UK Pint(1,100円)の4種類。

 今後は利用客の声も聞きながら、大手ビールメーカーが扱う外国産ビールも提供する予定だ。ワインは岩手産の銘柄を含む国内産のみ、ウイスキーも国産銘柄のみを提供。果実酒やソフトドリンクも扱う。

 フードメニューは岩手県産若鶏の手羽先を使った「ローストチキンウィング」(1個180円、注文は2個から)や、杜仲(とちゅう)茶ポークを使った「ソーセージ盛り合わせ(650円)」など、ビールに合いそうなメニューから「京風おでん(500円)」などの季節メニューまで種類も豊富。及川さんは「ビールは農産物だと思っている。お客さんと生産者の両方を大事にする店にしていきたい」と話す。

 営業時間は16時~23時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加