見る・遊ぶ

紫波にバレーボール専用アリーナ完備「オガールベース」-合宿にも対応

6テナントが入る民間複合施設「オガールベース」

6テナントが入る民間複合施設「オガールベース」

  • 0

  •  

 民間複合施設「オガールベース」(紫波町紫波中央駅前2)が7月31日にオープンした。

選手が映像で動きを確認できる映像遅延装置もあるバレーボール専用体育館

 施設面積は約1300坪で、バレーボールアリーナと宿泊施設のほか、コンビニや居酒屋など6つのテナントが入る。民間初のバレーボール専用体育館「オガールアリーナ」は、国際試合で採用されているフランスGerflor社製タラフレックスを床材に使用。高さ11メートル、縦34メートル、横24メートルで、スクリーンも設置した。バレーボールを通じた人づくり、まちづくりに取り組み、紫波の交流人口増加を目指す。今後は全日本バレーボールユース選抜の合宿にも利用されるという。

[広告]

 宿泊施設「オガールイン」は全57室で、合宿などに利用できる8人部屋ドミトリールームも6室用意。約80人が利用できる食堂と大浴場も備える。宿泊料金は、シングル1室=6,000円、ツイン1室=9,000円、トリプル1室=1万円、プレミアムルーム1室=2万円。ドミトリールームは3人以上の合宿研修での利用で1人2,800円(以上、朝食付き)。

 オガールイン支配人の村上秀紀さんは「オガールエリア全体でおもてなしをして、紫波の価値を高めていくことにつながれば」と期待を寄せる。

 8月3日には、オープン記念でバレーボールの試合を「オガールアリーナ」で開催する。入場無料。

  • はてなブックマークに追加