岩手の風物詩「チャグチャグ馬コ」、90頭が盛岡八幡宮へ―距離短縮も例年通り開催

休憩ポイントになっている青山町中央商店街は、年に1度の大にぎわい

休憩ポイントになっている青山町中央商店街は、年に1度の大にぎわい

  •  
  •  

 岩手の伝統行事「チャグチャグ馬コ」が6月11日、滝沢村から盛岡市にかけて行われている。

馬コに乗る子ども-その1

 毎年6月の第2週の土曜日に行われる、岩手の春の風物詩として知られる恒例の行事。今回は、震災の影響から1.5キロほど距離を短縮しての開催となった。

[広告]

 子どもたちを乗せ、装束や鈴を身にまとった90頭の馬の行列は、9時30分頃に滝沢村の蒼前神社を出発。青山町中央商店街で休憩をとった後、盛岡駅、中津川河川敷を経由して、13時30分頃に目的地の盛岡八幡宮に到着する予定。

  • はてなブックマークに追加