3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 学ぶ・知る

携帯でランチ情報、「ほぼ日」で300件に-地元ラジオとの連携で地域活性化も

盛岡の地元店を応援するランチ難民.comのトップ画面。メニュー画像も時々掲載する

盛岡の地元店を応援するランチ難民.comのトップ画面。メニュー画像も時々掲載する

  • 0

  •  

 広域盛岡エリアのランチ情報を携帯サイトで提供する「ランチ難民.com 」の掲載情報が昨年末、300件を超えた。運営は盛岡経済新聞を運営するリエゾンパブリッシング(盛岡市青山2)。

 同サイトは2009年7月に開設。ランチメニューの情報を携帯サイトで1日1件ずつ「ほぼ日」ペースで掲載し、昨年末に300件に達した。ランチ情報を提供する店は約180店。全て地元店で、全国展開するFCチェーンは除いている。情報の閲覧は携帯サイトのみで、パソコンでは閲覧できないが、盛岡のコミュニティーエフエム局「ラヂオもりおか」(中ノ橋通)で放送する情報コーナー「ラジオランチ難民」と連動し、ほぼ同時進行で携帯と電波からランチ情報を提供している。毎週木曜には、掲載店の店主・店長が生放送で出演し、直接店の魅力を伝える取り組みも続けている。

[広告]

 サイトを更新する同社担当者は「不況の中、特に地元資本の飲食店で集客が落ち込んでいると聞く。大規模に他店舗展開しない地元店は、FC店のようにスケールメリットを追求できないが、地元に愛されてきた横顔がある。メニューを紹介することで、少しでも集客につなげてもらえればと」話す。「サイトにはユーザーが投稿できる機能もあるので、ホットなランチ情報を提供してほしい」とも。

 「ラジオランチ難民」の放送は平日11時~。