盛岡の中津川にサケが遡上中-上の橋たもとに群れなす

上の橋のたもとに見られるサケの黒い魚影(10月10日に撮影)

上の橋のたもとに見られるサケの黒い魚影(10月10日に撮影)

  • 0

  •  

 盛岡の中津川でサケが遡上している。

背びれが出るほどの浅瀬に群れるサケ

 今年は例年に比べて魚影が濃く、上の橋のたもとの浅瀬には70センチほどのサケ約30匹ほどが群れをなし、すでに川底を掘る産卵行動も見られる。

[広告]

 北上川の支流となる同河川は、都市の中心部を流れる川としては珍しくサケが遡上(そじょう)することで知られ、毎年9月末から11月にかけてサケの遡上とともに産卵する姿が見られる。

 上の橋から川面をのぞいていた女性は「盛岡に住んでいるのに初めて見た。こんなにたくさんサケが来ているなんて知らなかった」と感動した様子で話していた。