3密を避けて新しい生活様式へ!

盛岡の雑貨店が扱うビンテージマドラー、「気軽に買える」と話題に

ちょっとしたプレゼントアイテムとして買い求める人も多いという。お店の英表記は「Ririe」

ちょっとしたプレゼントアイテムとして買い求める人も多いという。お店の英表記は「Ririe」

  • 0

  •  

 盛岡・桜山近くのアメリカ輸入雑貨店「リリィ」(盛岡市内丸6、TEL 019-653-5106)が扱う「ビンテージマドラー」が、雑貨ファンの間で話題を集めている。

輸入雑貨店「Ririe(リリィ)」の店内

 マドラーはいずれもプラスチック製で、もともと米国で企業のノベルティーグッズとして生産されたもの。持ち手の部分に、販促用として会社や商品のモチーフを施してあるのが特徴で、80年代に販促用として多く作られたという。

[広告]

 同店はビンテージランプなど60年代~80年代の照明器具をメーンに、コスチュームジュエリーや「Fire King」「PYLEX」「Hazel Atlas」などコレクターズアイテムとして人気の高いミルクガラスのマグカップを多く扱うが、ビンテージマドラーはオーナーの沢田進さんが「見ためのインパクトで扱い始めた」という変わりダネ商品。

 価格は2個セットで480円~と割安感があることから、フラリと立ち寄る客の目に止まることもしばしばとか。「照明器具を扱っているころから、ちょっと高級な店に思われるところもあるので、格安なマドラーを扱うことで気軽に立ち寄ってもらえる効果も狙っている」(沢田さん)という。

 営業時間は11時~20時。5月31日までセールを実施中。

  • はてなブックマークに追加