見る・遊ぶ

盛岡でスポーツクライミングW杯開催へ 県内在住者向け観覧者募集も

2018年に盛岡で行われたコンバインドジャパンカップの様子(提供:盛岡市)

2018年に盛岡で行われたコンバインドジャパンカップの様子(提供:盛岡市)

  • 17

  •  

 「IFSCクライミングワールドカップB&L(ボルダーアンドリード)コンバインドいわて盛岡2022」が10月20日~22日、岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場(盛岡市みたけ)で開催される。

[広告]

 同大会は、2024年に行われるパリオリンピックのスポーツクライミング競技で採用される、ボルダリングとリードの2種複合で行う初めてのワールドカップ。ボルダリングは登った課題の数、リードは登った高さをそれぞれ競い合う。2022年シーズンの最終戦でもあり、国内外から約160選手が出場を予定している。

 実行委員会事務局では現在、岩手県在住者に向けて観覧者を募集している。日程は、20日9時~16時30分=男女予選、21日9時~13時30分=男女準決勝、18時30分~21時30分ごろ=男子決勝、22日15時~18時ごろ=女子決勝。時間は競技の進行状況によって前後する場合がある。各回入れ替え制で立見席のみ。各回300人、合計1200人を無料で招待する。

 1回の応募につき最大2人まで申し込みでき、申し込み多数の場合は抽選。応募は各回1回のみで重複して申し込んだ場合は無効とする。必ず来場者が申し込み、応募者本人以外にチケットを譲渡することはできない。

 実行委員会事務局の担当者は「県内でも初めてとなるスポーツクライミングの国際大会。世界トップレベルの選手のクライミングをこの機会に間近で観戦して」と呼びかける。

 応募は専用申し込みフォームで9月25日まで受け付ける。当選・落選の結果は9月末にメールで知らせる。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース