学ぶ・知る

「いわて応援ポケモン」イシツブテが話題に SNSでの反響大きく

「イシツブテ」の話題に合わせてツイッターに投稿された写真(岩手県広聴広報課ツイッターより)

「イシツブテ」の話題に合わせてツイッターに投稿された写真(岩手県広聴広報課ツイッターより)

  •  
  •  

 5月14日、「いわて応援ポケモン」に「イシツブテ」が就任し、SNSを中心に話題を集めている。

 「いわて応援ポケモン」の就任は、岩手県とポケモンの連携協定締結によるもの。同社による東日本大震災の被災地支援活動「ポケモン ウィズユー」の取り組みなどをきっかけに今回の連携に至った。子どもから大人まで幅広い世代に人気のキャラクター「ポケットモンスター(ポケモン)」を活用し、観光振興や県産品の消費拡大、震災復興などで協力していく。

[広告]

 ポケモンは18種類のタイプに分かれていて、「いわて応援ポケモン」に就任した「イシツブテ」は「いわ」タイプ。「岩」に「手」が付いている姿から選ばれたという。オリジナルのイラストやオリジナルソングも公開され、SNS上を中心に話題となった。

 県広聴広報課のツイッターアカウントでは5月11日に、いわて応援ポケモンの就任について告知。1000件以上のリツイートと「いいね」があり、「岩手だから『いわ』タイプではないか」などどのポケモンが就任するか予想するコメントが集まった。

 特に注目を集めたのは、14日の連携締結式や「石割桜」の下で行われた記念撮影会に現れた「イシツブテ」の姿を撮影したツイートで、そこに写る「イシツブテ」には、本来はないはずの「足」が生えていた。足の部分は白と灰色の格子柄になっていて、画像処理ソフトなどで画像の一部分が見えないように加工されている「透過処理」を表す模様と似ているため、「これだけは言える。デザイナーやレタッチャーには足は見えていない」「足が透過されてるのめっちゃ笑った」(原文ママ)といったコメントも寄せられた。

 このツイートは5月21日現在で6万回以上リツイートされ、「いいね」の件数も8万件を超え、県広聴広報課アカウントとして一番の反響となったという。これを受けて同課のツイッターでは岩手県のキャラクター「そばっち」とイシツブテのぬいぐるみを使った写真も投稿。白と灰色の格子柄の背景に、「そばっち」の体の部分も同じ柄の紙で覆われ「そばっちも透過してみた。」という文章を添えた。

 県広聴広報課の担当者は「ツイッターアカウントを開設して9年になるが、一番の反響。まさかこんなに拡散されるとは。『そばっち』とのツイートも2番目に反響が大きい」と驚き、「ポケモンをきっかけに岩手のことを皆さんに知ってもらえるのは本当にうれしいし、ありがたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加