食べる

岩手の「サヴァ缶」がパスタソースに 「おいしさ」通じて復興の一助に

2種類の「サヴァ缶パスタソース」のパッケージ

2種類の「サヴァ缶パスタソース」のパッケージ

  •  

 エスビー食品(東京都)は3月4日から、岩手県オリジナルの洋風さば缶「サヴァ缶」とコラボレーションしたパスタソース2種を発売する。

 「サヴァ缶」は、「東の食の会」と「岩手缶詰」「岩手県産」が共同で開発・製造・販売を行い2013年に販売をスタート。国産のサバをオリーブオイルなどに漬け込んだ缶詰で、洋風の味わいとおしゃれに仕上げたパッケージが人気を呼んでいる。

[広告]

 「エスビー食品」ではこれまで、東日本大震災の支援として、避難所への食を通じた取り組みなど「心の触れ合い」を目指した復興支援活動を行ってきた。支援活動を通じ、岩手県職員とコミュニケーションを深める中で、同社ならではの商品提案で役に立てないかという思いが芽生えたという。その際に釜石市から「サヴァ缶」の紹介を受けたのをきっかけに、その味やさば缶を使ったメニューへの可能性を見いだし商品化を目指した。

 今回発売するのは「サヴァ缶とオリーブオイルのパスタソース」と「サヴァ缶とレモンバジルのパスタソース」の2種類。「サヴァ缶」のおいしさを忠実に再現するため、サバの身をオリーブオイルに漬け込んだ「サバソース」と、素材の風味を生かした「パスタソース」のダブルパウチ仕様になっている。

 「サヴァ缶とオリーブオイルのパスタソース」は、香味野菜の甘みやガーリックのうま味、オリーブオイルの風味を効かせたサバの身のおいしさが引き立つ味わい、チーズを合わせたコクのあるバジルソースにレモンの爽やかさを加えて、サバとバジルのおいしさがマッチしたソースに仕上げた。

 同商品は震災復興に貢献する目的もあり、売り上げの一部は岩手県への寄付を通じた三陸の水産業を始めとする地域産業の復旧・復興の支援に充てる予定。エスビー食品の広報担当者は「自信を持って皆さんに届けられる、完成度の高いパスタソースに仕上がった。『サヴァ缶パスタソース』を通じて少しでも支援につながれば」と期待を込める。

 希望小売価格は1袋297円。全国のスーパーなどで取り扱う。