天気予報

24

9

みん経トピックス

モリオカ散歩地図2018盛岡高松多目的広場一部開業

「はじめての『盛岡』プロムナードツアー」参加者募集 市内の見どころ取り上げて

「はじめての『盛岡』プロムナードツアー」参加者募集 市内の見どころ取り上げて

当日はツアーガイドと共に市内を散策する

写真を拡大 地図を拡大

 旅行会社「トラベル・リンク」(盛岡市開運橋通、TEL 019-658-8644)が4月19日、「はじめての『盛岡』プロムナードツアー」を開催する。

 同ツアーは2016年にスタートし、今回で3回目を数える。同社では年間を通して、盛岡の街歩きを楽しむツアーを開いているが、春に盛岡に来たばかりの「盛岡ビギナー」や街に興味がある人に向けたツアーを毎年4月に企画している。ツアータイトルの「はじめて」には、「盛岡に初めて来た人」という意味だけではなく、「初めて入る場所」「初めて体験すること」という意味合いも込めた。

 同社社長の北田公子さんは「盛岡に住んでいながらも、行ったことがない地域や入ったことがない場所があるという人は多い。岩手・盛岡で新しい生活を始める人にも、すでに暮らしている皆さんにも、初めてを経験してもらいたい」と話す。

 ツアー当日は市内内丸からスタート。「岩手銀行赤レンガ館」や「深沢紅子野の花美術館」を見学しながら紺屋町や中津川の散策を楽しむ。その後は「マリオス」に移動し、展望室を見学。「盛岡市民文化ホール」で行われる「パイプオルガンプロムナードコンサート76th」を鑑賞する。演奏会終了後にはバックステージに案内し、ホールオルガにストによるミニ解説も予定。参加者にはお土産などの特典が付く。

 「プロムナード」には散歩や散歩道という意味もある。北田さんは「今回のツアーはあくまでも導入。これをきっかけに『また行ってみたい』という気持ちにつなげたい。散歩にはちょうどいい季節になってきたので、皆さんと一緒に初めての盛岡をたくさん発見できれば」と参加を呼び掛ける。

 申し込みは電話またはメールフォームで受け付ける。参加費は1,200円。定員は10人。締め切りは今月18日13時(定員になり次第締め切り)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

展示された「クライオモジュール」は全長約6メートル。内部に加速器や冷却管が入る魔法瓶のような構造
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング