いわて動画コンテスト2015、最優秀賞は「まめぶ汁」

いわて動画コンテストで最優秀賞を受賞した久慈まめぶ部屋のみなさん

いわて動画コンテストで最優秀賞を受賞した久慈まめぶ部屋のみなさん

  • 0

  •  

 岩手県をPRする動画作品を集めた「いわて動画コンテスト2015」の表彰式が11月14日、盛岡市内ホテルで行われた。

 県民の情報発信力向上を図るため、県民自らが制作する「岩手の魅力」を発信することを目的に開催。15歳から74歳までの幅広い年齢層から20作品の応募があった。

[広告]

 奥州市出身の映画監督及川拓郎さんや、盛岡市出身の広告クリエーターの佐々木昌彦さん、音楽プロデューサーのYANAGIMAN(やなぎまん)さん、花巻市出身の映画監督菊地雄一さん、漫画家の竹谷州史さんらが審査員を担当。俳優の村上弘明さんも特別審査員として登壇した。

 今回は地域の伝統芸能や岩手の美しい景色を紹介する作品のほか、アニメーション作品、ドキュメンタリーなど多彩な応募作品の中から8作品が入賞。

 最優秀賞には久慈まめぶ部屋の「ふるさと岩手の味『久慈まめぶ汁』」が選ばれた。岩手県久慈市に多くの人が訪れるようにと願いを込めて「久慈まめぶ汁」を取り上げた同作は、「動画を見て『まめぶ汁』を食べてみたいと思った。動画の中で一番気持ちが動いた作品」と審査員から好評を得た。同作のためにまめぶの歴史や久慈市の魅力をうたったオリジナルの「久慈まめぶ甚句」を制作。表彰式で披露し会場を盛り上げた。

 特別審査員の村上さんは「動画コンテストはそれぞれ岩手の魅力を引き出す様な視点がたくさんあった。いろいろな見方があり、動画の可能性を感じた」と総評。

 入賞作品は「岩手県公式動画チャンネル」で公開する。

  • はてなブックマークに追加