盛岡の保護型猫カフェが「動物愛護センター」設立請願へ、署名活動開始

「盛岡の動物愛護センター設立に向けご署名お願いします」と工藤さん

「盛岡の動物愛護センター設立に向けご署名お願いします」と工藤さん

  •  
  •  

 保護型猫カフェ「もりねこ」(盛岡市菜園2、TEL 019-613-7773)は5月14日、盛岡市立動物愛護センター設立に向けて署名活動を始めた。

里親募集中のゼブラくん

 現在盛岡市では犬や猫が保護された場合、県央保健所の「犬拘留所」で保護することを業務委託している。同施設は1969(昭和44)年設立のため老朽化が進み、犬用の施設がメーンであるため猫用の設備は少なく、最小限の保護しか行えない現状。動物愛護団体からも「動物愛護センター設立」の陳述署名が提出され、2014年9月に議会可決されたが、現在まで設立に至っていない。

[広告]

 同店店長の工藤幸枝さんは「現在は保護されても衛生状態があまりよくなく、適切なケアも行われていない状況にある。猫の保護ができて、新しい飼い主との出会いの場として動物愛護センターが設立できれば」と盛岡市議会提案に向け陳述署名活動を始めた。10月の議会提案に向けて3万人分の署名を目指す。

 また、猫と人間が幸せに暮らせる社会を目指す活動の一環として、猫の習性や正しい飼い方の基礎知識、猫の殺処分の現状と問題解決に向けての情報を掲載する無料配布の小冊子「猫の暮らしガイドブック~猫も人も幸せになろう!~」を制作する。8月には2回目となる写真展の開催も予定している。

 「市民にこういう問題があるということを知ってもらうきっかけになればと思う。ペット殺処分ゼロを目指して活動を続けていきたい」と協力を呼び掛ける。

 署名用紙は同店で配布するほか、同店WEBサイトからダウンロードできる。郵送または店舗で受け付ける。9月15日まで。

  • はてなブックマークに追加