3密を避けて新しい生活様式へ!

雪と明かりのイベント「もりおか雪あかり2015」-ボランティアと参加者募集

「もりおか雪あかり」の様子

「もりおか雪あかり」の様子

  •  
  •  

 2月12日から14日まで盛岡市内で開催する「もりおか雪あかり2015」では、雪あかりアートコンクール参加者とボランティアサポーターを募集している。

 市民や観光客の交流を図り、街なかのにぎわいづくりと地域活性化を目的に開催する「もりおか雪あかり」。寒い盛岡の冬の夜に「雪あかり」を通じて「まち」や「ひと」の温かさを伝えようと始まった。今年で11回目を数える。

[広告]

 今年のテーマは「つたえよう●感謝」で、身近な人に感謝を伝える機会になればとの願いを込めた。メーンとなる盛岡城跡公園(盛岡市内丸)と盛岡歴史文化館(盛岡市内丸)のほか、盛岡市内10カ所のサブ会場を設けて開催。各会場を巡るスタンプラリーを実施するほか、同12日のオープニングイベントと同14日に行われるバレンタインイベントには、岩手まるごとおもてなし隊が登場して会場を盛り上げる。(●はハートマーク)

 今回で6回目となる雪あかりアートコンクールでは、盛岡城跡公園を会場に手作りのスノーキャンドルや雪像の美しさを競う。今年から最優秀賞には賞金2万円が贈呈される。もりおか雪あかり実行委員会事務局の新田英子さんは「昨年はアートコンクールに15団体と過去最多の参加があった。今年は賞金を用意しているので、これまで以上に参加してもらえれば」と話す。

 アートコンクール参加者のほか、会場でスノーキャンドル制作や着火などを行うボランティアサポーターも募集。現在、2月10日から15日の期間中ボランティアとして活動できる人を募集している。新田さんは「11日以降のボランティアが不足している」と参加を呼び掛ける。

 どちらも応募締め切りは2月1日まで。応募はFAX、メール、郵送で受け付ける。応募用紙はホームページからダウンロードできる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home