盛岡で「あまちゃんサミット」8月開催へ-あまちゃん疑似体験テーマに

「みんなであまちゃん疑似体験しましょう」と高橋さん

「みんなであまちゃん疑似体験しましょう」と高橋さん

  •  
  •  

 「あまちゃん疑似体験」をテーマに、全国のあまちゃんファンのための集い「あまちゃんサミット」が8月30日、アイーナホール(盛岡駅西通)で開かれる。

 岩手県久慈市をモデルに2013年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」は、放送終了後も「あまロス」現象が話題となり、再放送の声も多く上がるなど人気が続き、全国各地で「あまちゃんオフ会」も行われてきた。

[広告]

 のびあ(滝沢市、TEL 019-681-1919)の高橋真樹さんがあまちゃんブームを受けてファンを集めたイベント「あまちゃんNIGHT」を昨年10月に盛岡で開催。ツイッターなどで広まり、アイドル評論家の中森明夫さんや達増拓也岩手県知事など約60人が参加する盛況ぶりを見せた。その後、関西でもファンによるオフ会が開催され、関西のファンから達増知事へメッセージが贈られるなど、あまちゃんファンの間で交流が広まってきた。今回、全国のあまちゃんファンを盛岡に一堂に会そうと同社と盛岡あまちゃんオフ会などで実行委員会を結成し、同イベントを企画した。

 「あまちゃんメモリーズ」の編者でもある中川大地さんがコーディネーターを務め、達増知事や中森さんのほか、三陸鉄道久慈駅長の橋上和司さん、漫画家の青木俊直さんによるパネルディスカッションを開催。「オラたちのあまちゃん総決算!!」をテーマに、あまちゃんについて振り返る。そのほか、「あまサミスペシャルバンド」によるあまちゃんメドレーの演奏や久慈の現役女子高生アイドル「あまくらぶ」のライブも実施。同31日には、お座敷列車をドラマ仕様にするなど、あまちゃんロケ地でドラマを疑似体験する「潮騒のメモリーズ」久慈ツアーも催す。

 高橋さんは「あまちゃんがなかったらつながらなかった人たちで単純に盛り上がりたい。県外の人には自分の好きな場所として岩手を第2の故郷にしてもらえたら」と話す。

 参加費は岩手県内来場者=3,500円、県外来場者=2,500円。定員は300人。申し込みは8月10日まで、専用サイトで受け付ける。問い合わせ先は盛岡あまちゃんサミット実行委員会事務局(ハイ・ジャンクション内、TEL 019-613-2541)。

  • はてなブックマークに追加