食べる

「いわて雪まつり」始まる-雪像や屋台村、街コンなど多彩に

広い園内では雪像やアトラクションなど楽しめる

広い園内では雪像やアトラクションなど楽しめる

  •  
  •  

 雫石町の小岩井農場まきば園で2月2日から、第46回「いわて雪まつり」(主催=同実行委員会、TEL 019-692-4321)が開催され、多くのイベントが行われている。今年のテーマは「おもしろい!頑張る岩手の冬」。

地元特産品を販売する屋台コーナーは「汁物」が特に人気

 岩手の冬を代表する同まつり。雪で作ったキャラクターなどの「雪像」の展示や「かまくら」で食べるジンギスカン、屋台村などが人気。期間中、毎日行われるのは「花火」「馬ソリ」「スノートレイン」「ゲル見学・体験」「雪まつりBAR」。そのほかのイベントは、いわて雪まつり限定の街コン「雪コン2013」(2日・8日・9日)やDJ MAYUMIさんらが出演する「KOIWAI SUPER NIGHT」(9日)、2011ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストトークショー(9日)など。子ども向けにはアニメキャラクターのステージイベントや雪上運動会なども予定する。

[広告]

 3日はやや風が強いものの天候も良く多くの来場者でにぎわった。盛岡市内から来たという30代の女性は「毎年家族で来ている。私は温かい屋内で待機して子どもと外で遊ぶのは夫に頑張ってもらう」と話した。同実行委員会では今年も30万人の来場客を見込む。

 開園時間は9時~21時。入園無料。今月11日まで。

  • はてなブックマークに追加