学ぶ・知る

ベアレン「ハナビール」、LIGHT UP NIPPONとコラボ-都内ローソンで発売

コクと苦みのバランスがとれた飲みごたえのある本格ラガー

コクと苦みのバランスがとれた飲みごたえのある本格ラガー

  •  
  •  

 盛岡のビールメーカー「ベアレン醸造所」(盛岡市北山、TEL 019-606-0766)は「LIGHT UP NIPPON 2012」とのコラボ商品「Hanabeer(ハナビール)」を東京都内のローソン100店舗で7月3日より発売する。

「ハナビール」をPRする嶌田専務

 「LIGHT UP NIPPON 2012」は東日本大震災に際し、追悼と復興への貢献を趣旨に被災地で花火を上げる取り組み。昨年に引き続き、今年は8月11日に沿岸被災地十数カ所で花火を打ち上げる。

[広告]

 ベアレン醸造所では震災後、岩手県山田町を中心に支援活動を行っていたが、現地でこの取り組みを知り今回のコラボ商品企画につなげた。すでに岩手県内の一部店舗では6月11日から発売しているが、7月3日からは同じく協賛企業であるローソンの都内100店舗で販売する。商品の中身は同社の定番商品「クラシック」で、ラベルのみ「ハナビール」専用に貼り替える。

 ベアレン醸造所の嶌田洋一専務は「少しでもお役に立てればうれしい。限定数量なので早めにお求めいただければ」と話す。

 限定4000本で、価格は400円。うち60円が寄付金として同花火大会の開催費用に充てられる。

  • はてなブックマークに追加