天気予報

4

-2

みん経トピックス

盛岡で「地ネマフェス」盛岡で開運まち歩きツアー

盛岡で「鳥」だらけの雑貨展 7人の作家が出品、「ひよこ豆つまみ」も

盛岡で「鳥」だらけの雑貨展 7人の作家が出品、「ひよこ豆つまみ」も

鳥をかたどったかわいらしい雑貨が並ぶ

写真を拡大 地図を拡大

 デザイングッズを中心に扱う雑貨店「etmo(エトモ)」(盛岡市中ノ橋通1、TEL 019-613-8664)で1月5日、鳥をテーマにした雑貨展「とりてん」が始まった。

 同展は、今年が酉(とり)年であることに合わせて、鳥をモチーフにしたハンドメード作品を集めた展示販売会。「酉年の、鳥好きによる、鳥だらけの雑貨展」をテーマに、同店店長の佐原叶夜さんを含む7人の鳥好き作家によるイラスト作品や絵画、木工製品、布製品、アクセサリー、羊毛マスコットなどの雑貨が並ぶ。

 佐原さんは「私も鳥が好きなので、鳥を題材にした作品を作る機会が多い。いつか鳥をメインにした雑貨イベントを企画しようとずっと考えていて、今年がちょうど酉年なので始めるにはタイミングが良かった。何となく縁起も良いと感じている」と話す。

 期間中は1,080円以上購入した人を対象に「ひよこ豆つまみ」も実施。器に入ったひよこ豆を箸でつまみ、30秒以内に別の皿へ移した数だけ豆を進呈する。参加者の中で一番多くつまんだ人には記念品として「トリフィー」が後日贈られる。

 佐原さんは「鳥好きの人はもちろん、酉年だから鳥を使ったアイテムが欲しいという人にも足を運んでもらいたい。並んでいる作品は一点物が多く、始まったばかりだがすでに予約済みのものもある。自分のお気に入りのものをじっくり選んでもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~19時。会期中は火曜定休。今月23日まで。

グローバルフォトニュース