プレスリリース

「世界子ども音楽祭2020 in 東京」開催 2020年4月3日(金)、4日(土)@東京芸術劇場 本日10月1日(火)より、チケット販売開始

リリース発行企業:一般財団法人エル・システマジャパン

情報提供:

一般社団法人エル・システマジャパン(所在地:東京都千代田区、代表理事:菊川 穣)は、「世界子ども音楽祭2020 in 東京」(以下、本音楽祭)を、2019年4月3日(金)、4日(土)に開催します。「エル・システマ」の理念のもとに、日本を含めた世界9か国の子どもたち約350名と、世界で活躍する音楽家17名が、共に奏で、歌い、多様性と平和を祝います。 特設ウェブページURL http://www.elsistemajapan.org/2020


世界子ども音楽2020in東京
音楽経験や経済状況、障害の有無にかかわらず、希望する子どもたちが無償でオーケストラやコーラスを学べる
「エル・システマ」。子どもたちは、互いに学び合い、音楽を共創し、成長していきます。

本音楽祭のハイライトは、日本と世界の子どもたちのオーケストラ&コーラスによる、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」です。ベートーヴェンが聴力を失う中で苦難を乗り越え、人類の平和への願いを込めて生み出した交響曲第9番。歓びの賛歌であり、子どもたちにいくつもの試練を与える難曲でもあります。異なる地で異なる年齢の子どもたちが、また、障害のある子どももない子どもも、試行錯誤を繰り返しながら、練習に励んでいます。

子どもたちが奏でる音楽でつながり合い、平和と多様性を祝う「世界子ども音楽祭2020 in 東京」。

チケット発売に合わせて、障害のある子どもたちの参加や鑑賞の応援や、多様性ゆたかな公演と客席の実現の応援ができる「世界子ども音楽祭サポーター」(後述)の募集も開始します。

日本と世界の子どもたち、そして世界で活躍する音楽家たちによる祭典。多くのみなさまのご来場ならびにご支援を、心より願っております。
+ + +
本音楽祭は、東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けて、芸術文化都市東京の魅力を伝える『Tokyo Tokyo FESTIVAL』の助成事業に採択されています。



曲目および出演者


・2020年4月3日(金)コーラス&室内楽ステージ
≪コーラスステージ≫
曲目: 上田 真樹 童声合唱組曲『あめつちのうた』 ほか
指揮: 古橋 富士雄、コロン えりか
ピアノ:野間 春美
合唱: 相馬子どもコーラス、東京ホワイトハンドコーラス

≪室内楽ステージ≫
曲目: サン=サーンス 七重奏曲 ほか
出演: アレクシス・カルデナス(バイオリン)、辻 彩奈(バイオリン)、田原 綾子(ビオラ)、堤 剛(チェロ)、エディクソン・ルイス(コントラバス)、パーチョ・フローレス(トランペット)、ゴンサーロ・グラウ(パーカッション)、萩原 麻未(ピアノ)

・2020年4月4日(土)オーケストラ&コーラスステージ
曲目: ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」、 パッヘルベル カノン
指揮: クリスティアン・バスケス
独唱: 大高 レナ(ソプラノ)、鳥木 弥生(アルト)、佐野 成宏(テノール)、高橋 洋介(バリトン)
管弦楽:相馬子どもオーケストラ、大槌子どもオーケストラ、駒ヶ根子どもオーケストラ、才能教育研究会、Youth Orchestra of Los Angels(アメリカ)、Kaposoka Music Academy(アンゴラ)、Big Noise from Sistema Scotland(イギリス)、Orchestra of Dreams(韓国)、Ação Social pela Música(ブラジル)、TUTTI Passeur d'Arts(フランス)、Coro de Manos Blancas(ベネズエラ)ほか
+ + +
アレクシス・カルデナス(バイオリン)、辻 彩奈(バイオリン)、リチャード・エレジーノ(ビオラ)、田原 綾子(ビオラ)、堤 剛(チェロ)、エディクソン・ルイス(コントラバス)、パーチョ・フローレス(トランペット)、マレック・シェパキエヴィッチ(チェロ)、ファーガス・マクウィリアム(ホルン)
+ + +
合唱: 相馬子どもコーラス、東京ホワイトハンドコーラス、千葉県立幕張総合高等学校合唱部

※出演者・団体、ならびに曲目は変更の可能性がございます。



「世界子ども音楽祭サポーター」の募集


本音楽祭では、国籍や障害の有無など様々な垣根を超えて参加ができるような試みを行います。

この多様性に富んだコンサートを実現するため、通常のチケット販売に加えて、「世界子ども音楽祭サポーター」として応援してくださる方を募集します。

(1)鑑賞プレゼントコース

芸術にふれる機会が限られてしまいがちな障害のある子どもが、音楽祭に来られるように―
障害のある子どもや付き添いの方のチケット(4月4日 オーケストラ&コーラスステージ)をプレゼントできるコースを4つご用意しました。
(c)FESJ_2018_Mariko Tagashira



 A)シングルチケット 5,000円
 (4/4 S席チケット1枚+プレゼント用チケット2枚)
 B)ペアチケット 10,000円
 (4/4 S席チケット2枚+プレゼント用チケット4枚)
 C)セットチケット 10,000円    
 (4/3、4/4 S席チケット各1枚+プレゼント用チケット3枚)
 D)子どもたちをご招待 10,000円
 (プレゼント用チケット10枚)

※プレゼント用チケットは、特別支援学校等を通して、来場希望の子どもたちやその付き添いの方にプレゼントされます。



(2)協賛コース


多様性にあふれ、誰もが楽しめる舞台や客席を実現するために、本音楽祭では様々な「工夫」をしていきます。


ご協賛金は、聴覚障害の方向けの字幕の掲示、視覚障害の方向けの音訳プログラムの作成、海外の子どもたちの渡航・宿泊・通訳に活用させていただきます。協賛金は1口3,000円となります。
+ + +
「世界子ども音楽祭サポーター」にお申込みいただいた方は、4月3日、4日のプログラム(発行部数3,500部)にサポーターとしてお名前を掲載いたします。



音楽祭概要


■イベント名:世界子ども音楽祭2020 in 東京
■開催日:・2020年4月3日(金)19:00開演 コーラス&室内楽ステージ 
     ・2020年4月4日(土)15:00開演 オーケストラ&コーラスステージ
■会場名:東京芸術劇場 コンサートホール (東京都豊島区西池袋1-8-1)
■アクセス:JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分 駅地下通路2b出口直結
■入場料金:全席指定・税込 S席: ¥3,000、A席: ¥2,000、
      高校生以下・障害者手帳をお持ちの方: S・A席ともに¥1,000
     (割引チケットは東京芸術劇場ボックスオフィスのみでの取り扱い)
■チケット取扱: 東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く※10:00~19:00)
      http://www.geigeki.jp/
車いすをご利用の方、身体障害者補助犬をお連れの方、耳が不自由な方、託児サービスをご希望の方向けに、鑑賞サポートをご用意しています。くわしくは特設ウェブページをご覧ください。
■主催:一般社団法人エル・システマジャパン
■助成(確定分):公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
■協賛(確定分):キッコーマン株式会社
■後援(確定分):外務省、米国大使館、アンゴラ大使館、ブリティッシュ・カウンシル、駐日韓国大使館、韓国文化院、駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館(順不同)



チケット及び鑑賞サポートに関するお問い合わせ先


一般社団法人エル・システマジャパン 担当:八木澤
Tel.03-6280-6624 Fax.03-6280-6634  Mail.info@elsistemajapan.org



団体概要


団体名: 一般社団法人エル・システマジャパン
所在地: 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-24 大栄堂第2ビル3F
代表者: 菊川 穣
設立: 2012年3月
URL: http://www.elsistemajapan.org/

事業内容: エル・システマジャパンは、東日本大震災の被災地の子どもたちを支援するために、2012年3月に設立され、「音楽を通して生きる力を育む事業」を実施しています。子どもたちは、音楽経験の有無にかかわらず、無償でオーケストラやコーラスに参加し、音楽を学び奏でることで集団としての協調性や社会性を育み、社会との関わりをつくり、生きる力を得ることを目指しています。福島県相馬市、岩手県大槌町、長野県駒ケ根市でのオーケストラ・コーラスの運営に加え、視覚障害や聴覚障害の子どもたちによる東京ホワイトハンドコーラスの活動を行っています。その活動は、自治体やボランティア、多くの方のご寄付に支えられています。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ