盛岡の普段を掘り起こすタウン誌「てくり」-「デザイン物産展ニッポン」に選ばれる

タウン誌「てくり」と「デザイン物産展ニッポン」のチラシ

タウン誌「てくり」と「デザイン物産展ニッポン」のチラシ

  • 0

  •  

 「デザイン物産展ニッポン」(主催=日本デザインコミッティ)に盛岡のタウン誌「てくり」(編集・発行=まちの編集室)が選ばれた。今月27日から東京・銀座で開催される同展に最新号が出品・展示される。

 「デザイン物産展ニッポン」は、デザイナーのナガオカケンメイさんがコミッショナーを務めるリサイクル、リユース、地場産業の視点から「日本のものづくりの良さ」を伝える品(一部は組織)を選んで表彰する企画展。全国47の各都道府県から「伝統を継承したもの」「伝統を基礎に現代生活に適合するようリ・デザインされたもの」「その地で生産される食品」「その地ならではの有形、無形の産物」「各地のタウン誌」の5つのカテゴリーから計235点が選ばれた。てくりは「タウン誌」の分野で選ばれた。

[広告]

 同誌編集部の木村敦子さんは「とても驚いている。元々、流行や新しいものを追求するのではなく、今、この盛岡にある『普段』を掘り起こすことをテーマに編集してきた。デザインやビジュアル面で評価されたのも、(デザイナーとしては)うれしい」と話している。

 同誌は2005年月に創刊。毎年2号ずつを発行し、現在7号目を発売中。

 「デザイン物産展ニッポン」では、このほかに岩手県から「大吟醸ライト 水の王」(あさ開)「浄法寺椀」(浄法寺漆器工芸企業組合)「tetuテープカッター」(池永鉄工)「おおのキャンパス」(大野ふるさと公社)が選ばれた。

 同展は8月27日~9月1日、百貨店の松屋銀座店(東京都中央区)で開催。入場料は、一般=800円、高大生=600円。

モノポリー秋田県版が新秋田物産に-日本デザインコミッティーが選出(秋田経済新聞)「リンゴの木箱」で古本市-盛岡のタウン誌「てくり」が創刊3周年で企画(盛岡経済新聞)「遅れてスンマセン」-雫石のタウン誌最新号、半年遅れでようやく発行(盛岡経済新聞)タウン誌「街もりおか」新編集長に作家の斎藤純さん-「団塊世代にアピール」(盛岡経済新聞)てくり

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース